カウンタ
web拍手

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SS書いてみたり。日々のこと描いてみたり。
<< 拍手レスです。 | TOP | 割れ鍋と綴じ蓋 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
誘惑
どうもひるめです。
怖い人に「「耳に誘惑のキス」ってお題で」と言われたので書きました。嘘です(主に怖い人のくだり)
CP三種類、短めの三連作でどうぞ。






――耳なら、誘惑のキス



――気まぐれな彼女――

レイちゃん、ヒドイ。
その一言に打ちのめされて。
言いすぎた、と気づくのはいつも全てが終わった後だった。
ムキになって放ったトゲは、跳ね返って自分にも刺さる。
頭を冷やそうと部屋を飛び出したところで、どこへ行くともない。
結局行き場をなくした思いを抱えて、落ち着いたのはいつもの境内。
ふと目をやった鳥居の向こうでは、ちょうど夜が訪れようとしていた。
太陽を追い立てるように、深い青が満ち広がる空。
対照的に、地平線を染め上げる薄紅。
ため息が出そうなほどの光景に、不意に心を奪われかけて、それを遮るノイズ。
砂利の擦れる音と共に現れる、申し訳なさげなお団子頭。
まだ怒ってる、と問う様子はまるで子どものようで。
勝手に一人で怒っていたことが、馬鹿らしくなってしまった。
もういいわよ、というその一言だけで。
ホント、と貴女はけろっと元気になってしまうから。
ころころと変わる表情に、いつだって置いていかれるのはこちらの方。
ほら、今もまた、あの夕焼けに心を奪われてしまうでしょう。
でも、私は貴女のその横顔の凹凸に、惹かれてしまうのよ。
貴女はきっと、その感動を私にも伝えようと振り返る。
だから、チャンスは一瞬。
その柔らかな耳に唇を寄せ、そっと触れる。
間抜けな声をこぼし、何が起きたのかと丸くなる瞳。
ゴミがついていたのよと見え見えの嘘で、私は自分の行為を覆い隠す。
それなのに、貴女は能天気に納得してしまうから。
あぁ、きっとその行為の意味など、考えはしないのだろう。
それならば、いつまでも気づかなければ良い。


――優しい彼女――

後頭部に不意に重さが降ってきて、問題に集中していた意識が途切れた。
ふと耳に届く、静かな寝息。
ゆっくりと振り返ると、そこにはソファに転がったまま眠りに落ちた貴女がいた。
さっきまで私の髪を弄っていた、その手はそのままの形で重力に従っている。
昨夜も遅くまで何やらしていたらしいから、この時間では寝てしまうのも無理はない。
でも、このままじゃ風邪ひいちゃうわ。
そうため息をついて、何かかけるものでもと立ち上がる。
そこでじわりと顔を覗かせた、あれは悪魔だったかもしれない。
だって、貴女が、あまりに無防備だから。
今眠りに落ちたなら、きっとすぐには起きないはず。
勝手にそう思うことにして、彼女に身を寄せた。
唇や頬になんて、そんな勇気はないから。
そっと、耳に、口づけた。
自分の気持ちの進む方向、それは本当に正解?
丸つけのできない未来は、いつだって自信を持ってなんて選べやしない。
ちらりと、今貴女が目を覚ましてしまったら、と頭をよぎる。
このまま目が合ってしまったなら、一体何が起こるのだろう。
気づいてほしい――ほしくない。
相反する感情が、ひしめき合う。
正解不正解など考える暇もないほどの力で、私の手を引いてほしかった。
無理やりに、考える隙さえない速さで。
ああでも全てを貴女に委ねてしまうのは、きっと狡いことだから。
だからもう少しだけ、待っていてほしい。
私の勇気がもう少し、育つまで。


――猫目の彼女――

さらさらと紙の上を滑っていたシャープペンシルが、ぴたりと止まった。
亜美の意思とは関係なく、閉じられた問題集。
責めるように見やった視線は、張本人にしれっと受け流された。
何のつもりと問わなくとも、彼女の目的は知れている。
大方勉強がつまらなくなって、構ってほしいといったところ。
もう少しで終わるからと言ってみても、貴女は納得しない。
もう少しって、どのくらい?
これ、全部終わるまで?
ねえ、――
面倒になってため息をつくと、私の態度にむくれる貴女。
そもそも悪いのは貴女なのに、どうして私が責められなければならないのだろう。
理詰めで攻めても、屁理屈にやり返されるのは経験済み。
それでも理屈で考えてしまう、それはきっと悪い癖。
そして今日も、どうしたものかと思案したその不意を突かれた。
何かを思いついたように、にやりと浮かぶ笑顔。
まずいと思う間もなく、後ろに滑り込む気配。
ジツリョクコウシ、しちゃおうかな。
言葉の意味に、一瞬惑った。
その隙に滑り込む、ざらりとした音、感触。
たったそれだけのことに、意外なほど追いつめられて。
自分の意思と関係なく、漏れる声。
他人の声とも思えるほどに、熱を帯びるそれに、貴女は満足したように笑う。
ずるいわ、という言葉さえ、声にさせてもらえないまま。
ころり、と手からシャープペンシルが転がり落ちた。






どうも、ひるめです。
インフルにかかりましたが意外と元気です(というといろんなところが寝てろと言われるので大人しくお布団にイン(:3[__])
短めでさっくり読めるの書いてみたいなぁと思っていたのですが、SSというかなんだか詩っぽいなあと思ったり思わなかったり。
レイうさ→まこ亜美→美奈亜美の順ですが、別のCPに置換できなくも…ない…かも…?
あだるてぃーなのを期待されていた方もいたようですがそんなものは
posted by ひるめ | 13:12 | その他(セラムン) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 13:12 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://hirumeguarana.jugem.jp/trackback/570
トラックバック